でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

いじめで自殺
よくある報道である。
大変痛ましいとは思うのであるが・・・・・・・・・

いつも、
「学校側がいじめを把握できなかった」
ということで、親から、世間から、マスコミから叩き上げられる。

しかし、一番叩き上げられなければならないのは

では、ないのだろうか?

たしかに、子供が亡くなって、傷心しているのだろうが、
子供のことに気がついてやれなかったことはどう思うのか?

親はいつでも口をそろえて言う。
家では、なにも変わったことは気がつかなかった」
「なんで、学校がいじめを見つけてくれなかったのか」

家庭にいる時間と、学校にいる時間、
どちらが長いのか?
まぁ単純に時間的な長さで比べられるものでは無いのかもしれないけど、

家でわからなかったことが、そうそう、学校でわかるものなのか?

家では一般的に二人にたいして、多くて子供数人。
もっぱら一人とか二人だろう。

学校では、クラスの担任一人(もしくは二人)にたいして、
数十人の生徒を相手にしているわけである。

校長、教頭にいたっては、学校全体数百人ひとりひとりを
正確に把握しているとは思えない。

親はもっと真剣に自分の子供のことに気を配り
見ていなければならないのではないか。


また、いじめられていると気がついた親はどうしているのか?
学校側がなにか対策をしてくれると思っているのか?

ドラマなどでは、熱血先生や破天荒な先生が
生徒や親を改心させるなんてことがあるのだが、
あんなことを期待しているのだろうか?


それから、いつもマスコミは学校側の責任ばかりをとりあげて
報道しているが、いじめという事実が事実としてあるのなら、
いじめているヤツがいるわけである。
その生徒自身、もしくはその親にたいして、なぜもっと批判を
しないのだろうか。

いじめているヤツの親はどういう心境なのだろう。
わが子がいじめの対象ではなくて、死ななくて
良かったと思っているのか?

わが子がいじめている側なんてことを考えたことは
ないのかもしれない。



わたしも過去にいじめにあったことがある。
正直言うと、親にはちゃんと話ていなかったと思う。
しかし、おそらく知っていた。
誘拐未遂事件などもあったからだ。
今でも生きているということは、
それほど自分のなかでは、深刻な問題では無かったのかもしれない。

あることを思い出した。
これはいじめではなかったのだが、わたしが顔面を腫らして帰宅したことがある。
石投げ遊び?をしていて、ぶつけられたのだ。
このときわたしの親は、ぶつけた相手の親のところにどなりこみ
(と、まではなかったが)
行ったことがある。

いじめを知っていたから、こんな行動をとったのではないか?
親には聞いていないが・・・・。
でも、このことを思い出すと、わたしの親はいつも気にかけてくれていたのでは
ないかと思うのである。




今の世の中、自分の子供にですら、手を下そうとする親達がいる。
子供の気持ち、は軽んじられているのだろうか?

想像力の欠如した、大人、世の中になっていくのは、なんとも悲しいものである。
自戒をこめて)

独り言 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:7

<<帝王切開 | ホーム | 驚異のババア2>>


コメント
意外に・・・
家庭では分からないものなんですよ。
私の子供もクラスではないけれど、部活で何となく避けられていた事があったらしいんだけど、その話は上級生の親から電話をもらって初めて知ったわけです。ホント、子供の様子からでは普段と何も違いが無く、判りませんでした。
そういうとき、子供はまず、言わないんですよ、私も中学の時、部活でボールぶつけられたり、そんな事は日常茶飯事で、自分がヘタだから・・・そう思っていただけでイジメという認識はなかったですね。
実際、いじめられる現場って学校が多いんじゃないかと思うんですが、家庭からでは見えないんですね。その点から言えば、学校の先生の方が見えやすい所にいるかも?って気がしますが、本質的にはあなたの仰るとおりだと思います。現在、スポーツ指導者をしていますが、その中ではイジメらしき事があると、すぐに判りますからね。もちろん、すぐに防ぎましたよ。
したがって、現場にいるものじゃないと判らない所があるんじゃないかと思います、、、と言うのが私の考えです。
URL | がらむまさら #- [ 編集 ]

履歴からきました^^
はじめまして♪

確かに・・・
無責任な親が増えているような気がします・・・
私の身近にも、子供の面倒をまったくみないママがいます。。。
友達と会ったりする時だけ、アクセサリー感覚で連れて行くそうです。。

学校でも家でも、子供の居場所を守ってあげられるのが一番いいのでしょうけどね・・・
URL | がんちゃん #6moyDOY6 [ 編集 ]

同感
初めまして、いきなりの書き込みすみません。
すごく同感しました!
私もTVを見て親は嘆くばかりでどうなんだろうと思っていたので…
私も中一のころ軽いハブにはあいました。
本当のいじめではなく良くある女の子同士のものです。
それでも親は気付きましたね。
…なんて語る場合ではないんですが。
とにかく同感コメントでした。
URL | Haruki #- [ 編集 ]

初めまして
素晴らしい記事だと思います
ただ、顔を腫らして帰ってくるなど、外見的ないじめなら気付けるかもしれませんが、内面的ないじめだとどうしても気付けないときもあるんじゃないでしょうか
がらむまさらさんみたいに「上級生の親から電話をもらった」こういうことがあれば助けられるかもしれない
親と子供だけじゃなくて、親と親のつながり・・・つまり家庭だけじゃなくて地域的なつながりが大事なのかなあ・・・とかおもったり
まあ最近そういうのが減ってきてるかんじもしますね、それも原因かも(ウチの家も地域のつながりなんてあってないようなもの^^;)
・・・と、平均寿命の3分の1も生きてない僕がコメントさせていただきました
URL | N #Ft6N4gRI [ 編集 ]

訪問、ありがとうございます。
そうですよねー。学校なんて、勉強習いに行くだけですから。いじめがある場合、家庭での親に問題があると、思うんですよね。あたしね、親に「何とか君にいじめられたー」って泣きながら帰ると、「お前が悪い」って理由も出来事も聞かずおこられてました。親は「やられたら、二倍にして返せ、くやしかったら、いじめられないように、どうするか自分で考えろ」と言われ続けてました。それから、あたしは、必死になって考えました。あーほっとけばいいんだって、最後には簡単な答えを出しました。だけど、言葉のいじめって半端ないんですよね。家に帰って、話して、相談できる相手・・・つまり親ですよね。親の配慮がたらなくて、こういう結果になったんでしょうね。親と子のコミュニケーションがあれば、この子は命を落とさずにすんだんですよ。まだ若い、これからの大切な命をね。学校の先生は、生徒が死ぬことなんて、望んでません。先生たちの立場がすごく気の毒に思います。
URL | 雪☆侍 #- [ 編集 ]

履歴からきました。
中学2年の頃に、ある日突然クラス全員から無視されてそれからいじめにあいました。物を隠されたり捨てられたり、授業中は消しゴムをぶつけられたり肉体的な特徴を蔑んであだ名を付けられました。
彼らは決して担任と副担任のいる前ではしませんでした(理由は面倒臭いことになるから、と聞きました)
そして私も親には言いませんでした。
雪☆侍さんと同じように「放置」してました。私の場合は「所詮中学2年一年の付き合い。この中にいるヤツラで将来まで付き合うような人間はいない」と見切りをつけました。いじめられる事に「飽きた」のです。
結局3年のクラス替えまでいじめは続きましたが、先生も親も関わってきませんでした。
あれから十数年経ちますが、当時いじめに関わっていた人との付き合いは全くありません。
学校側・家庭側に問題求めるのではなく「実際にいじめを行った生徒」に責任があるのではないのか、というのが私の考えです。
URL | さこ #- [ 編集 ]

はじめまして
はじめまして。履歴からきました。
私も昔、虐めを受けていたのですが、うちの母親はきちんと対応してくれたことも合ったし、何もしてくれないこともありました。中学のころだったんですけど、泣きながら帰ってきて、文句を言うと相手の家に怒鳴りに言ったり。
こういう問題って、確かに家庭の問題もありますけど、親と子供は別物ですもんね。まてや先生と生徒もそうだと思います。確かに、自分の子供に手を上げる大人も居るし、育児放棄をする大人も要る。
私はもうすぐ成人しますが、私たち子供世代から見れば、今の親・・・親たちから見れば祖母世代に問題があるんじゃないでしょうか。

虐めということだけに問題を絞れば、いじめる側、いじめられる側共に問題があると私は思います。そんな中で、生活しているもんだから、たとえいじめられてる人が居ても「世間ではあることだから・・・1人くらいの苦しみなら仕方ない」と思うのが大半の意見だと思いますね。
誰も手を上げて、それに反対する人も居ないのが史実です。誰かが立ち上らない限り、こういった問題は消えはしないでしょうね。

長々と失礼しました。
URL | NANO #- [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://duomaxwell.blog19.fc2.com/tb.php/88-83daca9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。