でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

夜襲2
だが、翌日
また、深夜に

ぷ~んっ

あの、羽音が戻ってきた

なぜだ。
今日、風呂場に潜伏していたヤツを
粉砕したはずではなかったのか?

ヤツには仲間がいるのか?

わたしは昨日と同様に、
緑色の渦巻き型兵器をセットした。

だが、今日のヤツは一味違う。

一向に、羽音が消えないのである。
さらにヤツはあろうことか、わたしにその一撃を食らわせていたのだ。
次第にその部分は赤くなって、なんともいえない
あの感覚(かゆみ)が襲ってくる。

暗闇ではこちらが不利である。

夜中、部屋の電気をつけ、新たな兵器を右手に握り締め
ヤツの動きに神経を集中した。

頭の中で、閃光のようなものが走り・・・・

「見えた!!

わたしは右手を大きく前に突き出し、
新兵器のスイッチを入れた。

噴射口から、勢いよく薬剤が噴射される。
殺虫剤である。

ヤツはその煙の中に消えた。

だが、しばらくすると、わたしの目はまたヤツの姿を捉えた。

「直撃のはず!!

わたしは新兵器を手にしていなかったために、
一瞬の隙があったが、思い切って、
ヤツを上下から挟み込む作戦にでた。

わたしの手の中には、ヤツの姿は無かった。

「逃したか・・・・・

しかし、ヤツはわたしの拳圧に耐えることができなかったのか
壁にもろに衝突して、絶命寸前だった。

すばやくティッシュを取り、絶命寸前のヤツをティッシュの
中に確保したのだった。

だが、これで話は終わらない。
なぜなら、ティッシュ内のヤツをプレスした痕跡は
赤く染まらないのである。

確かに、今日はヤツに一撃を食らっている。

ということは、まだヤツの仲間はどこかに潜んでいる。
息を殺して、こちらの状況を伺っているに違いない。

これからも、ヤツとわたしの戦いは続くのである。


夜襲 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1

<<ゲル ギム ガン ゴー グフォ・・・ | ホーム | 夜襲>>


コメント
履歴から参りました

夜襲と言いこの記事も何ですが、、、
つぼにはまってしまいました

蚊 とのやりとりをここまでふくらませるなんて!!
またおじゃまさせて頂きます
URL | まりんぶるー #1wCwGWPg [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://duomaxwell.blog19.fc2.com/tb.php/84-5fa45aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。