でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

交通事故(1)
小学生の時、塾に通っていた。
所謂、学習塾ではなく、習い事である。
その帰り、塾の敷地から道路に飛び出した。
そこに右側から、車が走ってきた。
それに、自分はぶつかった
いや、ぶつけられた。
幸いに持っていた袋が、ふっ飛ばされただけである。
自分はコケもしなかったと記憶している。
偶然、不幸中の幸いである。
ドライバーは車から降りてきて、
「大丈夫か?」
と声をかけてきたと思う。
自分はどきどきしていた(と思う)が
「大丈夫」
と答えたのだろう。
そのまま、その車は走り去ってしまった。
車のナンバーも覚えていないし、今となってはどこの誰だかわからない。
まったく後遺症もないので、ここで話は終わってもいいのだろうが、
これは完全にひき逃げであろう。

また、自分の愛車も車にひかれたことがある。
愛車というのは自転車である。
これも小学生の時だと思う。
近所の商店街?で、愛車を停めて駄菓子屋?雑貨屋?で買い物をしていた。
すると店の前で、バキバキという音が響いた。
見てみると、無残になった愛車であった。
この事故を起こしたのは、某タクシードライバー。
バックしていたらしいのだが、自転車に気がつかなかったらしい。
当然修理されて戻ってきた。
が、フレームの色がちぐはぐで格好が悪かったように記憶している。

その後、記憶にある交通事故は、会社勤めをしている時だった。
朝の通勤時。
とある信号での話。
左折後にすぐ信号があり、この時間帯は1回の信号で並んでいる車が
すべて左折できないような信号である。
それを承知しているドライバーたちはできる限り車間距離をつめて、
1台でも左折できるように、お互い協力していた。
が、その時に限って・・・・・・
自分の車が後ろから押された。
もちろん後続車にである。
追突事故
こちらはすでに停止していたので、明らかに後続車の前方不注意ということに
なるであろう。
すぐさま路肩に止めた。
相手もこのことを承知していたようで、同じく路肩に止めた。
自分はこのときどうしようかと思っていた。
朝の通勤。
面倒なことになって、遅刻するというのはできるだけ避けたいと思っていた。
相手も同じ気持ちだったのだろう。
それに相手は「は自分にある」と思っていたのだろう。
話し合いはすぐにつき、相手が修理費を全額弁償すると言ったのである。
お互いに名刺を交換して、自分は相手の名刺にかかれている以外の電話番号も聞いた。
即日、こちらから修理代金の請求を行ったところ、話し合い通り全額送ってきたのである。
良心的な人だった。
それにしても、そんなに激しい追突ではなかったのに、結構な損傷だった。
バンパーはもろくできているものである。

交通事故 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0

<<交通事故(2) | ホーム | 心霊体験>>


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://duomaxwell.blog19.fc2.com/tb.php/7-865f938c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。