でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

現実と虚構

夜中、眠っていると、ふいに人の気配がした。
一人暮らしである。
親が遊びにでも来ているのか?
いや、そんなはずは無い。

そうだ!
もしかすると、泥棒?!

頭は半分くらい覚醒したのだが、体が動かない
所謂、金縛りのソフトなヤツなのだ。

まだ、隣のキッチンにいるようだ。
しかし物音は聞こえない。

体よ動け
何度も試みるも、むなしく時間が過ぎていく。

不意に、気配がすぐそばでした。
そう、枕元で。
渾身の力を振り絞って、その気配を押さえつけた。
感触はどうやら、人の頭のようだ。
思いっきり、ベッドに押さえつけた。
そして、相手は抵抗することなく、わたしに後ろ手をつかませた。

わたしはすぐさまこの男を歩かせ、机のそばに行き、
携帯電話を取り、110番をかけた。

キッチンに向かう扉を開け、あたりを伺うも、
それほど荒らされた様子も無い。
わたしは男を床に、うつぶせに寝かせた。
「キサマは誰だ」
わたしの誰何に男はなんと答えた。
「○○だ。」と。
しかし、私の知っている顔ではない。

この間数分も経ってはいないものの、電話はうんともすんとも反応しない。

「なんて、怠慢な警察だ!」

そう思って、携帯の画面を見た。
画面は何も反応をしていない。
待ち受け状態。
発信すらしていない。

もしかして動揺して、ダイヤル発信ボタンを押したつもりが、
通話終了ボタンを押し間違ってしまったのか?!

そう思い、もう一度110番にダイヤルした。


いや、待てよ・・・・・・・
確か携帯は枕元に置いて寝ていたはず・・・・・・・
そう頭の中をよぎった。
そう、これは夢なのだ。

まだベッドに横たわったまま、半分覚醒した頭で整理してみた。
一応体も動く。
だが、先ほどの気配はなぜか胸騒ぎがする。

枕元の携帯を手にして、あるボタンに手をかけた。
携帯のライトを光らせるボタンである。
多少の懐中電灯代わりになる。
もし、本当に誰かいれば、もしかすると、この光を見て
逃げ出すかもしれない。
そう思い、ボタンを押すと同時に、あたりに携帯をかざしてみた。

だが、実際は違った。
光らなかった。
ボタンを押し間違えた?

2度目も失敗

そうして3度目。
ようやく、闇を映し出す、薄暗いがともった。

誰もいない。
そう、まだ、キッチンまでで、寝室には侵入されてはいないのようだ。
ゆっくり、扉に近づき、勢いよく扉を開け放った。

誰もいない。
玄関付近には、非常を知らせる赤色灯がぼんやりと点いている。
「やはり何かの異常があるのだ。」

隣の和室の内部をみた。
普段から扉は開けっ放しになっているので、中は丸見えだが、
誰もいないし、変わった様子も無い。

次に、洗面所、トイレ、風呂場のドアを次々と開けていった。
しかし、ここも何も変わった様子も無い。

そして、最後にキッチンに戻ってきて、異常を感じた。
先ほど通った時にはこの異常はわからなかった。
玄関の赤色灯に気を奪われたからだ。

キッチンの棚の中が付近に散乱していた。
ふと、頭の中に、
「ここにはどんな貴重品を置いておいたか?」
そうよぎったが、大して大事なものは思い当たらない。

そして、次に気がついたのは、シンク横の窓ガラス
割れているのだ。
ガラスがあたりに飛び散ったもようは無い。

結局、そこには誰の姿もなかった。
この窓から逃げ出してしまった後だったのだろうか?
しかし、ここは5階である。
まぁ泥棒はこのくらいの無茶はするのかもしれない。
おそらく被害もそれほどはなく、損害も窓ガラス程度。
なにより命が無事であるから、これ幸いである。

が、まてよ・・・・・・・
枕元に携帯を置いて寝たのは、昨日の夜だったが・・・・・
今日は、はたして持ってきていたのか・・・・・
それに、玄関に、赤色灯なんてあったか??
また、疑問が頭をよぎった。

そして、三度覚醒した。
携帯は机の上で、充電器につながれていた。
そして、この数奇な出来事を忘れないうちに、
記事に書き上げたのだった。


この記事の内容はフィクションではありません。
が、出来事はすべて夢の中のことであり、我が家に泥棒が入った事実はありません。


| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2

<<アネッサ | ホーム | 市長選挙>>


コメント
Duo Maxwellさん、もとい、でゅおさん初めまして(*_ _)>
ご訪問のお礼も兼ねてお邪魔させて戴きました
それにしても、一瞬、小説が書いてあるブログなのかと…
しかも、金縛りの文字が!
…ただ、ボクが最近なっただけでした(笑)
よろしければ、また遊びにいらしてくださいませ(*_ _)>
URL | にじと #- [ 編集 ]

泥棒も・・・
こんばんは。楽しく読ませていただきました♪

でも1人暮らしなのに広いおうちですね(笑)
URL | 火夜 #vbNarvEk [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://duomaxwell.blog19.fc2.com/tb.php/55-78a75f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。