でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

万引き防止装置

よくCDショップや本屋等の店の入り口においてる、アレですよ。
実は、一度、ならしたことがある。

といっても、店ではなく、大学時代に図書館でのことだ。
もちろん、不正に図書の持ち出しをしたのではない。

普段なら、それほど人のいない、閑散としている図書館である。
その時は試験期間の真っ最中だった。
そのために、かなり混雑していたのである。
もともと、人との接触をできるだけ避けたい、私にとっては最悪な環境だ。
その日も、調べものをして、そそくさと退散しようとしていたのである。

ぴんぽ~ん

鳴ったのである。

その瞬間、静かにざわついていた館内は一瞬、静寂に包まれた。
その場に居合わせた人々の視線が一点に注がれたのである。
もちろん、わたしにである。

その場から逃げたい。
でもそれは状況として許されない。
このジレンマの中、図書館の職員が近づいてきた。

わたしはもちろん潔白である。
なので、その場で、持っていたカバンをあけた。
中には図書館の蔵書は入っていない。

そこに入っていたのは、普段使っている教科書やノートなどの学用品。
そして、折り畳みのだった。

「傘って時々引っかかるんですよね。」
そう、職員は言ったのだ。

で、傘だけをゲートの外を通して、わたし自身およびその他の荷物は
普段通りゲートを通過した。
すると、今度は鳴らなかったのである。

周りの視線が、「疑いのまなざし」から「あわれみ」に変わっていたのが
なんとなく感じられた。
が、もちろん、そそくさとその場を後にしたのだった。

今でも、雨の日などで、傘をもってあのゲートを通るときは
なにも悪いことをしていないにもかかわらず、緊張するのである。

まぁそれ以降は警報が鳴ったこともないし、もうかれこれ10年以上も
経っているから、技術も進歩していることだろう。



万引き防止装置 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6

<<金属探知機 | ホーム | 偽造メール>>


コメント
ぼくも一回だけあります‥。
URL | ヨウコウ #- [ 編集 ]

あれは嫌ですね。ちなみに昔流行った
携帯電話の電波を良くするシールなんかも
よく引っかかって鳴りました。
警報装置も進化してるんでしょうか?
懐かしい話です。
URL | ugajin #- [ 編集 ]

そういえば・・・
私もならしたこと・・ありました。
URL | AKE #- [ 編集 ]

過去に訪問してくださったのに、
コメントを残す操作方法が分からず、
こんなに日が経過してからのメッセージでごめんなさい。

自分はある国の空港の手荷物チェックゲートで、水筒を爆弾と間違えられて、
ある場所に連れて行かれ、調べられたことがあります。

やはりそれ以降ゲートを通るたびに緊張します。
URL | GT-OGA #- [ 編集 ]

むかし、むかし
訪問履歴から参りました。
有難う御座いました。
自分の場合は、設置されている所が珍しい時代にCDを買ったのですが、店員さんがタグ(昔は長細い箱状でした)を取り忘れていて、帰ろうとした時鳴ったんです。店員さんは、平謝りしてましたが、周りでは火事かと騒いでました。
URL | FF #- [ 編集 ]

はじめまして
訪問履歴から伺いました。私の父はやはり飛行場で何度も金属探知機に引っかかり・・。ベルトもはずし、色々調べてもなかなか原因が見つからず。結局原因は内ポケットに入っていた缶ふたと判明。どうも我が家の長男が学校で集めていたため、帰宅後あげようとポケットに缶ビールなど飲むたび入れておいたらしい。
URL | Arisu #- [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://duomaxwell.blog19.fc2.com/tb.php/52-163eeba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。