でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

暖房器具(2)
翌日、ガス会社の下請け?の人がブツを持って参上しました。
思ったよりも、まだ小型だ。
アイボの箱くらいの大きさなのである。

旧型のガス栓らしく、アダプタを装着してもらって無事に
暖かい生活が出来るようになったのであった。

しかし、そんな安心もつかの間。
外出して帰ってきてみると、なにかおかしい。
そう、ガスくさいのである。
ファンヒーターを消した際にでる臭気なのか?
いや、そうではなかった。
元栓付近からの臭いなのである。
たしかに元栓は``状態になっている。
が、アダプタ(ガス線)をつけているので、大丈夫。
と、業者の人は言っていたのだ。
`と一応は臭いが止まるのである。
やはりどこかからのガス漏れ。

先程の業者に連絡してすぐに来てもらった。
ガス栓に器具を接続して、なにやらメータとにらめっこしている。
が、このアナログメータのパネルをしきりと指先で「トントン・・」と
叩きはじめる。
針がうまく動かないのか?
そんな壊れてそうなメータで計るなよな。と突っ込みたくなるが・・・・

他にも臭気測定装置みたいなもので、ガスの臭いをかぎ取るセンサーのような
ものを使っていた。
すると、「ピーピーピー・・・」と
明らかに異常とも思えるアラームがなる。
やはり漏れている。
どうやら、開閉するレバーのところからのようである。
そこで、部品を解体して、レバーの部分に何かを塗布していた。
いわゆる水道等で言うところのパッキンのようなものらしい。
その作業で一応センサーのアラームは止まった

一安心だった。
しかし、メータの針を眺めていた業者の人は首を傾げる
`開ける`とあるところで針が止まる。
`閉める`と別のところで静止する。
素人目からみれば、問題なさそうに見えた。
が、専門家に言わせると
「閉めたときでも、同じところを差していないといけない」らしい。
ガス栓自体が古いので、どこかに劣化が生じているのかもしれないらしい。

根本的に解決するためには、ガス栓自体を新しいものと交換する必要があるらしいのだ。
それには費用が発生する。
7000円ほどらしいのだが、暖房器具を買った上にさらに予定外の出費。
どうする、オレ。

部屋の中に漏れが発生していなければ、特に問題はないだろう。
と、考え、とりあえず、そのまま使いつづけようと
結論を導き出していたその時に。
「付け替えますね。」
といって、無料サービスでガス栓自体の付け替えをしてくれたのだ。
採算度外視だな。

これで、わが家も安心して、冬の寒さから開放され、暖かい生活を遅れるように
なるであろう。

ひとつだけ問題なのは、ガス栓の位置が通常のものより少し、前に出ているようで、
前面カバーがきちんと壁面に密着しないことだ。
一応、それ対応のパーツがあるようなので、対処はできるようだが・・・・・・
別発注のパーツらしいので、お金がかかるのか?
それとも、ここまでサービスしてくれるのか?

他にもサービスしてくれたのがガス栓から本体までを結ぶ、ホースだ。
5mの一番長いものをつけてくれた。
これも結構な値段のするものだと思うのであるが・・・・・・

わが家の家計が大変助かったというお話しであった。



暖房器具 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0

<<ADSL(1) | ホーム | 暖房器具(1)>>


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://duomaxwell.blog19.fc2.com/tb.php/39-646e8abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。