でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

選挙
選挙って行きますか?
自分はできる限り行くようにしています。
たかが一票
この一票を投票したって、しなくなって、たいして変わるとは
思えないんですけどね。
そう思ってみんな行かないんですよね。
有権者の半数も行ってないこの現実。
だがこの半数の有権者が、弱小政党に全部投じてみなさい。
日本は根底から崩壊しますよ。
とはいえ、弱小政党は候補者をそんなに選出してないから
議席大量確保ってのはできないと思いますが。

さて、まもなく選挙ですね。
自分は4月に引っ越しをしてしまったので、現住所地での
投票はできません
3ヶ月在住してないとだめらしいんですよね。
なので、今回は蚊帳の外かと思ってましたが、
旧住所地での投票ができるんですね。
これは、知りませんでした。
送られてきた選挙権の葉書を旧住所地の役所に送ると
折り返し、投票用紙などの一式が送られてきます。
それを最寄りの選挙管理委員に持っていくと
投票ができる仕組みになっているようです。

それで期日前投票(以前は不在者投票って言っていたヤツ)を
行えるようになりました。
さっそく、近くの市民センターに足を運んだ訳ですが・・・・
投票用紙一式を送ってくるときに、最寄りの投票所(事務所)を
お知らせしてくれればいいのですが、これがない。
「詳しくは最寄りの事務所で聞いてください。」だって。
引っ越してきてまだ、地理もそんなに把握してるわけじゃ無いのに
それがわかれば苦労はしねぇよ。
どこに引っ越したのかわかっているのにそのくらいは調べるか
もしくは、全国の主立った事務所の一覧でも同封しやがれ。
都道府県に1ヶ所として、ペーパー1枚で、すべてに対応できるだろう。
まったく、役所というやつは・・・・

どこに聞いたら(電話したら)いいのかわからず。
市役所に電話すれば、わかるのだろうが、とりあえず近所の選挙管理委員って
のをネットで調べてみると、案外近くにあった。
市役所までは結構遠いので、これは良かった。

さっそく投票所に出かけた。
入り口にはおっちゃんがいた。
奥にはおばちゃん(事務員?)が4人ほどいた。
おっちゃんに送られてきた封筒を渡したが、
すぐには理解できなかったようだ。

通常、期日前投票というのは、自分の住んでいる選挙区で、
投票日に所用があって投票にいけないために、それ以前に
投票をおこなうのが、普通なのだろう。
自分の場合は、多少イレギュラー事例だったようだ。

おっちゃんはわからないのか、奥のおばちゃん連中に
一つ一つ確認しながら手続きを進めた。
送られてきた中には、3つの封筒と数枚の紙が入っていた。
紙は色々な注意書のようなものと候補者の一覧が載っていた。
封筒は、県選出の投票用紙と比例代表の投票用紙、本人確認表だった。
本人確認表は封がされていて、勝手に封を空けないように書かれていた。
おっちゃんはおばちゃんに聞きながら、この本人確認表の封を切った。
「名前と生年月日」で本人確認を行う。
選挙に行ったことのある人ならご存じだろうが、
生年月日は自分が言うことになっていると思う。
これがパスワードみたいな感じで帳簿とつきあわせているいるようだ。
しかし、おっちゃんは、自分の名前と生年月日を言って、
間違いないかたずねてきた。
まぁ間違いないから`はい`と言ったのだが。
自分が行かなくて、全く別人が行っても`はい`だけなら通用すると思う。
他に身分証の提出も求められなかったから。

いざ投票だが、一応、書き方などを確認した。
おっちゃんに聞いても無駄だと思ったので、おばちゃんに聞いた。
投票用紙の封筒は2重になっていた。
書き終わって、用紙を封筒に入れ、封をしようかと思ったが、
なんせこんな投票の仕方は初めてだったので、他になにか向こうさんが
確認することもあるかもしれないので、一応「封をしてよいか」と聞いてみた。
OKのサインがでたので、2重の封筒を2通、合計4ヶ所封した。

だが、ここから一波乱巻き起こったのである。
おばちゃんの中の一人が、マニュアルを見つつ・・・
「中の封筒に署名が・・・・」
みたいなことを言ってきたのだ。
もう、封をした後だ。
ここで開封したら無効になるだろう。
まぁあらかじめ自分も注意書を読んできたので中の封筒には`何も書くな`と
なっていたので、ドキドキはしなかった。
するよ横のおばちゃんが「それは別の場合で・・・」
みたいなことを言った。
最初のおばちゃんはマニュアルを見ているところがそもそも違ったのである。

外の封筒には立会人の署名などが必要らしいのだが、
`これをどうする`ってな話をし始めた。
数人がかりでマニュアルを見つつ、いろいろ調べていたのだが、
結局これで自分の対応は終わっていたのである。
あとは、役所が間違いなく処理すれば無事終了であるが・・・・
あんな対応を見ていて、少し、いやかなり心配になる。

自分の場合イレギュラーなケースだったのかもしれないが
市民を不安にさせるような対応をするのはいただけないな。
おっちゃんは全く役に立ってなかったし。
だれのを食えると思ってんだ・・・・

いや、自分は無職で税金を払っていなかった・・・・・

選挙 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1

<<ひとめ惚れ | ホーム | 夢(2)>>


コメント
無職でも消費税は払ってるしねぇ…。まぁ、逆に言えば無職でも税金によるサービスの恩恵を受けているけど。

投票、行きますよ。
URL | nanasi #- [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://duomaxwell.blog19.fc2.com/tb.php/12-da4c9960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。