でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
前の記事

偽造メール
先日から、偽造メール問題が話題になっているが、あんなの誰でも簡単にできてしまう。

一番手っ取り早いのが、メーラーの設定のときに、
自分のメールアドレスや自分の名前の箇所を適当に繕って設定したものから
メールを発信してやれば良い。
これで、Fromはごまかせる。
後は黒塗りをして、権力者などに持ち込めば万事塞翁が馬だろう。
#使い方がちがうか・・・・・

しかし、これでは信憑性もあった物ではない。

だが、これではどうしても、ToX-Mailerなどは絶対にごまかせない。
Toを適当に入力すれば、もちろんそんなアドレスが存在しないので、届かない。
万が一存在してたとして、実際に持ってる人に届いてしまうだけ。

では、どうすればよいのか?

実際にメーラーが行っている作業を、手動でやってやればいいだけの話だ。

では、実際、どうすればよいのか?

telnet と言うのを使う。

Windows機ならコマンドプロンプトより

telnet IPアドレス(サーバー名) smtp

とするのだ。
ここで注意するのは利用するサーバーはできる限り慎重にチョイスしないといけない。
普段自分が使っているものであれば、バレる可能性もあるからだ。
が、他所様のサーバーではセキュリティがしっかりしているものであれば
もちろん利用することはできない。
自分で使えるサーバーを探してみてくだされ。

さて、無事にtelnetでメールサーバー(smtp)に接続できたとしよう。

HELO ホスト名
250 mailserver.domain
MAIL FROM: <送信元>
250 Ok
RCPT TO: <宛先>
250 Ok
DATA
354 End data with <CR><LF>.<CR><LF>
本文
.

とすれば、送信元から宛先に向けたメールが送信される。

だが、これでもまだ、問題もある。
Subjectが無いものになってしまう
送信日付が誤魔化せない

ではこの問題はどうやって解決するのだろう?

簡単なことである。
メールのヘッダを偽ってやつだけだ。
`本文`のところの先頭に以下の情報を追加してやればよい。

Received: 転送情報
Date: 送信日付
From: <送信元>
Subject: タイトル
To: 宛先
X-Mailer: メーラー

他には、必要に応じて以下のヘッダなども付けると、ますますそれっぽく見えるだろう
Reply-To:
Cc:
Bcc:
Message-Id:




[偽造メール]の続きを読む
スポンサーサイト
偽造メール | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
前の記事


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。