でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

ひとめ惚れ
初恋は、幼稚園の時。
ひとめぼれ?
片思いだった。
相手はお遊戯会で一緒に舞台にたったあの子。
話のクライマックスに舞台上に二人だけ立って、再会を喜びあうというシーンである。
これだけで、どんな話かはわからないだろう。
あえてここでは、その題名などは語らない。
もちろん再会喜びあうのだから、抱擁があるのだ。
まぁ幼稚園のお遊戯会の劇だから、たかが知れているのであるが。
自分としては、天にも昇る気持ちだっただろう。
だが結局その後も告白することなどなく、終わってしまったのである。

時は移って、小学生のとき。
同じクラスの女子にちょっとぽっちゃりしたかわいい子がいた。
ひとめぼれ?
これも片思いだった。
だがあの時から成長していた。
恋文というものを認めてみたのである。
うれしいことに返事があった。
だが、玉砕
「わたしも好きな人がいる。
片思いだけど・・・・」
そのようなことが書いてあったように記憶している。

さらに時は移って、中学生のとき。
これまた、同じクラスになった女子。
ひとめぼれ?
目がぱっちりして、髪のきれいな子だった。
またしても、恋文を認めた。
が、今度は返事がなかった。
2度ほど書いたと思う。
が、なかった。
当時中学は新校ができたので、そのまま小学校から持ち上がりというわけには
いかなかったが、大半はそのままだった。
ので、当然小学校の卒業名簿に載っているはずである。
その住所をたよりに今で言うストーカーをしたことがある。
後をつけたわけでもなく、家の前に張り込んでいたわけでもなく、
しつこく電話をしたわけでもなかったが。
ただ、ひと目あいたいと・・・・
そしてどれだけ時が過ぎたであろうか?
偶然、とある場所で、ばったりと出会ってしまった。
そこで、勇気を振り絞って、告白した。
すごく成長したと思った。
結果は、玉砕。

高校生になって。
ひとめぼれは数多くあった。
同級生、先輩、後輩
だが、あまり恋をしてはいなかった。
勉強、部活に一生懸命だったからである。
そしてなによりも、高校生活3年のうち2年間は男子クラスだったからと思われる。

大学になって。
理系の学部だったので、女子はほとんどいなく・・・・・
しかし、このとき一人の少女と文通を行っていた。
とある雑誌のペンパル募集のコーナーに載っていて、
なにげなく手紙を認めたのであった。
距離的にかなり離れていたので、逢うことはなかったが、かなり長く
続けていたと記憶している。
お互いに写真の送りっこもしていた。
ショートカットのちょっと目の細い女の子だった。

大学卒業後・・・・・・
会社に入って、ひとめぼれはなくなった。
例外?としてアイドルにひとめぼれすることはあったが、
恋愛の対象ではない。
高校の同級生としばらくは付き合ったりしたこともあるが・・・・
この話は悲しい結末なのでやめにする。
機会があったら、気が向いたら書くこともあるかもしれない。
その後、とある人とメールのやりとりをすることになった。
所謂、メル友である。
出会い系サイトで知り合ったのである。
当時、今ほど犯罪が横行していなかったと思う。
同郷であったために、一度だけ逢ったこともある。
年下だったかな?
しかし、落ち着いた感じのどちらかというときれいな人だった。

現在、出会いはほとんどなくなったね。
出会い系サイトに行っても以前のように面白くなくなった。
なんだか荒んできたように思えるのは自分だけだろうか?
あいかわらずアイドルにひとめぼれはしている。
最近のお気に入りは・・・・・・誕生日が1日違いのあの子。
もちろん`年`はず~っと若いのだが・・・・・・
出た当初は黒髪のきれいな、かわいい、愛らしい子だった。
最近はお決まりの茶髪になって、ちょっとがっかりしたが、
それでも他の娘たちと比べると格が違う感じがする。

現実逃避モード解除

スポンサーサイト
ひとめ惚れ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。