でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

ICタグ

ICタグとはICチップを搭載した、商品管理などに使える
よく見かけるバーコードの高性能型のようなものだ。

詳細は下記まで
http://e-words.jp/w/E784A1E7B79AICE382BFE382B0.html


生鮮食品のトレーサビリティに使われたり、
図書館の蔵書の管理に使われたり、
などなど、いろいろな使い方があるようだ。

こないだテレビでやってたのは、医療現場で使われるってヤツ。

入院患者につけておいて、薬などを投与する際に
これで本人確認を行い、間違いを無くすという感じだった。

ブレスレットの様に手首にチップが内蔵された、タグを巻いていたのだが・・・・・
手を洗ったり、食事をしたり、採血したり、
手って使うから、じゃまのような気がしたんですけど。
どうせなら、首輪とは言わないけど、アンクレットみたく足に
するほうが、良いように思ったりもする。

しかし、なぜバーコードではなくICタグを使っているのか?
ということに触れていた。
バーコードだと、直接読み取り機をあてて情報を読み取るしか
ないのであるが、これだと認識札が、たとえば体の下に入って
いるなどの場合に、寝返りをうってもらったりしなければ
ならないので、ICタグの方が良いだろうという結論に達したようだった。

なかなか考えているところもあるものである。

このシステムを用いたことによって、この病院?は
薬の投与などでの医療ミスはになったという。


現在のICタグの技術では読み取り範囲がせいぜい1mくらいなのだそうだ。
しかし、新しい技術として、(読み取り周波数帯を変えると)読み取り範囲が
5mほども広がるのだそうだ。

この病院?もこの新しい技術を導入するようなことを言っていた。

その理由は定かではない。
#聞き逃していたのかもしれない。

しかし、考えてみると、病院のベッドの間隔なんてそんなに広いものではない。
読み取り範囲を5mにしたら、隣のベッドの患者のタグを誤って
読み取るなんてことないのだろうか?

本来薬を投与しなければならない患者の、の患者に
間違って投与しようとしたとする。
読み取り範囲が1mなら、おそらく「間違い」に気がつくだろう
しかし、5mなら、隣の隣、つまり本来の患者のタグを読み取って
そのまま信じて投与したら・・・・・・・

理由を聞き漏らしたかも知れないので、なにか非常に良いことを
言っていたのかもしれんが、素人考えでは十分危ないことが
予期できるのだが・・・・・・・・

スポンサーサイト
ICタグ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。