でゅおクンの独り言
日常思ったことや、過去のあんなことやこんなことを暴露します

プロフィール

Duo Maxwell

  • Duo Maxwell


目次




最近のコメント


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

リンクは常識をふまえてご自由に


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク

いじめ
自分は子供のころいじめられっ子だった。
何か言われてもあまり言い返したりしなかったと思う。
そんな自分だったが大きな事件を起こした。
自殺未遂
小学生の時である。
校舎の4階(だったと思うが)から、飛び降りそうになったのである。
まわりの連中がベランダで
「飛び降りるにはこういう風にするんだ」
みたいに、言われていた(ひやかされた)のである。
それで、自分は飛び降りなければいけないのか?という錯覚に
陥ってしまったのだろう。
廊下の手洗い場を足場にして、その上にある、窓から飛び降りようと
したのである。
その当時の担任は教師になって数年もたっていないだろう
若い女の教師だった。
当時の自分たちにとって二十数歳その人は、厚化粧のおばちゃんだった。
飛び降りようとしたときにそのおばちゃんが、スボンのベルトをつかんだ。
いろいろ説得された。
小学生だったとはいえ、当時の自分は現在と同様平均体重を大幅に
上まわっていた。
もし、そこで自分が落ちていれば、若い女の細腕で到底支えきれたとは思えない。

そこから下の景色は、アスファルト。
休み時間だったために、そこで遊んでいる生徒たちもいた。
その中には冷やかしていた連中の数人もいたと思われる。
自分には「はやく飛び降りろ!」と聞こえていた。
だが、本当に言っていたのかどうかは、不明である。
行きも地獄、帰りも地獄、そんな思いだっただろう。
ときどきこの光景を思い出す。
「あぁ落ちてさえいれば、気持ちよかったのかもしれない。」
今になってもそう思う時でさえある。
落下する気持ちよさで自分の人生も終わっていたのだろうか?

だが、このときはこの女教師のおかげだろうか飛びおりるのをやめた。
いや、自分に意気地がなかったからだと思う。
それから、この問題が大きく取り沙汰されたことはなかったと思う。
両親の耳に入っていたのだろうか?
それすら今となっては疑問符である。

そして数年後、高校になってからのことである。
小学校当時の同級生はあまりいなかったと思う。
しかし、この自殺未遂事件をどのようにして知ったか、あるヤツが
「ここから飛び降りてやる」
みたいな自分にたいして、パフォーマンスをしたことがあった。
今思うと、そいつをたたき落としておけば良かったと思う。
人の心の傷をえぐるようなまねをしやがって・・・・

また、自分は誘拐未遂?にあったこともある。
実際にさらわれたのではない。
いじめていたやつらが家に
「誘拐した!」
と、電話をしたらしかったのである。
自分は何も知らずに、家に帰った。
当たり前である。
自分の帰宅がわりかし早かったので、警察へ連絡などは行われてはいなかった。
が、もし、自分がどこかで遊んでたりして、帰りが遅かったら
相当な問題となっていたかもしれない。
後日、先の担任と犯行電話をかけたやつらがそろって、家に謝罪に来た。
だが、やつらには反省の色はなかったように、今になってみれば思える。

最近、いじめや小学生の凶悪犯罪が増えているようだ。
だが、これは昔から横行していたことで、マスコミが興味本位で取り上げる
件数が増えているだけだと思う。

過去に、を負ったものは、どんなに明るく振る舞おうとも
あるとき、ふと、その傷口が再発するのである。
それは夢を見たときや、テレビなどで同じような体験が語られたとき。
さまざまである。

そう自分は思っている。

スポンサーサイト
いじめ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8


広告


最近の記事

copyright © 2005 でゅおクンの独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。